所得税の確定申告の日程は? 所得税率の計算で確定申告と住民税を節税する方法

所得税の確定申告の時期について

確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得を対象に、税額を算出します。
申告書の提出は、窓口またはe−Taxにより、翌年の2月16日から3月15日までの間に行いますが、還付申告は2月15日以前でも提出できます。
確定申告書の提出は郵送でも行うことができますが、消印が3月15日以前である必要があるので注意してください。

納付は、3月15日までに税務署窓口、銀行、郵便局で現金により行うのが原則ですが、「口座振替依頼書」を提出することによって、公共料金と同じように自動振替を行うこともできます。
また、e−Taxを利用することにより、インターネットバンキング等を利用した電子納税も行えます。

しかし、期限までに納付できないときは、申告額の1/2以上を納期限までに納付すれば、残りは5月31日まで納付を延期できます。
翌年は今年の申告額の1/3を7月と11月に予定納付する必要がでてきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。