所得税率の計算方法は? 所得税率の計算で確定申告と住民税を節税する方法

所得税の計算方法について

所得税について
所得税は、その年の1月1日から12月31日までの1年間の個人の所得に対して課税されます。
所得税を計算する場合には、全収入から必要経費や赤字分、そして税法上で認められた所得控除などを差し引いた金額を所得税率でかけた金額なのです。

所得税の計算方法は、具体的には、所得から必要経費や赤字分を差し引いた金額を出します。1年の売り上げが2000万円で仕入れや人件費などが1000万円だとすれば事業所所得は1000万円になり、他に赤字所得があればその分を引きます。
申告する年から3年前までに赤字があった場合も所得金額から引くこともできるのです。

ただし生活に必要のない美術品、宝石や競馬等の赤字分は計算できません。

税法上で認められている社会保険控除や生命保険控除、損害保険控除、扶養控除配偶者控除、配偶者特別控除など15種類ある所得控除を差し引いて課税所得を計算します。

所得税の対象となる金額の課税所得に所得税率をかけると実際の税額が計算されるということです。

くわしくは、税務署などで確認してくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。