所得税率とは? 所得税率の計算で確定申告と住民税を節税する方法

所得税率とは?

所得税率が、平成19年から変更になったことはご存じだと思います。

平成19年から次のように細分化されました。

・課税所得が195万円以下が所得税率5%で控除なし

・課税所得が195万円超〜330万円以下が所得税率
0%で控除額9万7,500円

・課税所得が330万円超〜695万円以下が所得税率20%で控除額42万7,500円

・課税所得が695万円超〜900万円以下が所得税率23%で控除額63万6,000円

・課税所得が900万円超〜1,800万円以下が所得税率33%で控除額153万6,000円

・課税所得が1,800万円超〜が所得税率40%で控除額279万6,000円に変更されました。

(※課税所得の1,000円未満の端数は切り捨てです。)課税所得が400万円の場合は400万円×20%−42万7,500円=37万2500円になります。

ちなみに、以前の所得税率は、課税所得が330万円以下の場合、所得税率が10%で控除額がなく、課税所得が330万円超〜900万円以下は20%で33万円、900万円超〜1,800万円以下が30%で123万円、1,800万円超〜は37%で249万円でした。

※課税所得とは、その年の収入から必要経費、損失、所得控除を差し引いたものですのでご注意ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。